Profile
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
日干の違いによる星の性質【禄存星】
【禄存星】

○日干が甲木の場合(戊の器)
スケールの大きい奉仕精神を持っていますが、自ら動く形ではなく、
来るものに対しての愛情表現になります。
また、それらが表面には見えにくく、外からはわかりにくい伝わり方ですね。
経済力はあります。

○日干が乙木の場合(己の器)
家庭的・庶民的な愛情奉仕で、人の世話や厄介ごとを引き受ける形です。
思想的なものというよりは、社会生活における実用的な愛情発揮となり、
派手さはなくても、堅実に自分の世界を作っていきます。

○日干が丙火の場合(庚の器)
純粋ですがその愛情表現が激しく現れます。
愛を守るため、得るための行動・行為になるので、押し付けの愛情になったり、
相手にわかってもらえないと怒りや冷たさに変わる一面を持ちます。
言葉より行動での愛情表現になります。

○日干が丁火の場合(辛の器)
形式や常識を持った、冷静で理性的な愛情表現となります。
奉仕したり愛情表現をすることによって、優越感が芽生え、
自意識や想いがより高まっていく傾向があります。
面白みに欠けますが、手堅い愛情表現といえますね。

○日干が戊土の場合(壬の器)
愛情を向ける対象が限られた範囲になりますが、それが流動的で、
その時によって変わっていきます。
そのため、八方美人的に見られたりします。

○日干が己土の場合(癸の器)
華やかさはなく、地味で目立たない愛情奉仕の形です。
ゆっくりと長い時間にわたって人の気持ちに浸透していくような愛情なので、
いつのまにか大きな信頼や評価を得るようになります。

○日干が庚金の場合(甲の器)
策を練ったり、嘘や隠し事をいっさい使わないストレートな愛情表現です。
周りの状況や相手に影響されることはなく、
自分の内面がそのまま表に出ます。頑固な面もありますね。

○日干が辛金の場合(乙の器)
環境や相手の状態に合わせて、柔軟に対応していく愛情表現です。
相手主体のため、受身で、本心が見えにくい人に思われがちですが、
内面はゆるぎなく大きいものを持っています。

○日干が壬水の場合(丙の器)
明るい雰囲気を持ち、広く愛情を表現します。
おおらかで、積極的に行動力をもった愛情表現です。
ただ、だれにでも分け隔てなく発揮されるので、身内からは、
身びいきのない分不満にみられることもあるかもしれません。

○日干が癸水の場合(丁の器)
感情が揺れ動き一定せず、濃淡がでる愛情表現です。
対象も狭い範囲となり、身内や個人的な形となります。
わがままで一方的になり、相手を振り回すこともあるかもしれません。


禄存星は、自分(日干)が相手を剋する時に表出する星です。
木が山に根をはる(木剋土)とか、水が火を消す(水剋火)とか、
相手の懐に入っていくというような形です。
ですから、禄存星をもっている人は、いつのまにか人の中に入り込み、
存在感を放つ人が多いですね。

問題は、愛情や奉仕精神が本能からくるために、自分では制御しにくく、
やりすぎ行き過ぎの傾向があることです。
私は中心が禄存星ですが、やり過ぎて自滅したことは数知れず(笑)
自己のコントロールが課題です。
posted by: | 十大主星 | 06:50 | comments(0) | - | - | - |
ただいま勉強に没頭中
今朝もセミの声で目が覚めました。
昨夜は、夕食後突然睡魔が襲ってきて、ちょっと横になるつもりが、
ハタと目が覚めたら夜中の1時(笑)
この暑さに体が疲れていますね〜。

更新がいつも遅れていますが、実は今、
占いソフトを作るお手伝いをしていて、その勉強に没頭しています。
エクセルのVBAというプログラム言語なんですが、
独学のため、時間のかかることといったら(汗)

試行錯誤をくりかえしては、修正をかけ、検証し。。。。
でも完璧な形(自分が納得できるもの)になるまでは、
その作業は苦にはなりません。むしろ楽しいくらいです。

知らなかったことを知る。
できなかったことができるようになる。
それを喜びと感じるのは、習得本能の星があるからでしょうか。

占いソフトについては、年内にはなんらかの形でお知らせできると
思います。

ところで、途中になっている日干の違いによる〜〜のシリーズ、
ちょっとリキをいれて書きますね。数日お待ちください。

今日も暑い日になりそうです。体調整えて乗り切りましょう。


posted by: | 十大主星 | 06:59 | comments(2) | - | - | - |
日干の違いによる星の性質【調舒星】
【調舒星】

○日干が甲木の場合(丁の器)
自分の思いや夢を長い時間かけて実現しようとします。
孤独感があり常に感情は揺れ動き、反発心や反抗心などからおこる感性によって、
芸術などの才能が表面化します。デリケートな印象の人ですね。


○日干が乙木の場合(丙の器)
神経は繊細ですが、活動的で明るい孤独性を持ちます。
表現・伝達能力は無理なく発揮され、社会にも溶け込み和を保つこともできます。
人の本質を感じ取る力を持つ感性となります。

○日干が丙火の場合(己の器)
不思議なものに興味をもったり、未知なるものへの夢を追いかけたり、
理屈では割り切れないものを肯定できる感性があります。
日常生活は普通に送れますが、何か特別な出来事があったりすると、
孤独感が急に強まります。傍にある人などを拠り所とします。

○日干が丁火の場合(戊の器)
表面的には繊細さが表れず、安定感があり動きが少ない人となります。
心のスケールは大きく、近寄りがたい雰囲気はありますが、飛び込むと
暖かい人間性をもっています。

○日干が戊土の場合(辛の器)
特別意識に支えられた芸術性・鋭い感性になりますが、人からはあまり理解
されません。
哲学的な感性と孤独感は、実生活では発揮し難いですが、
思索的な想念の世界で大いに活かせるでしょう。
神経をすり減らしその消耗が激しい人です。

○日干が己土の場合(庚の器)
理性的で環境に左右されない感性をもっています。
が、激しい感情が表れやすく、
自分の感情を一方的に押し出してしまう危険性があります。
狭い範囲での芸術性の発揮となりますね。

○日干が庚金の場合(癸の器)
周りにはその本質を見せず、感じたことが形になって表れにくいです。
小さな感情が蓄積されることによって、時間とともに大きな感情となります。
豊かな芸術性も、中年以降にその持ち味が発揮されるようになります。

○日干が辛金の場合(壬の器)
反発心や不合理な怒りが原点になる感性なので、大きな集団には入り込めません。
怒りの感情は内向するので、葛藤が多く神経が休まる時がないでしょう。
一般人からは理解されにくいマニアックな世界などへ進むこともあります。

○日干が壬水の場合(乙の器)
表面的には他人と同調できますが、心の中は常に孤独な人です。
現実社会にいながら想念は異次元を彷徨いますが、
年をとるごとに明るく柔軟な感受性となります。

○日干が癸水の場合(甲の器)
いつでもストレートに自己主張するので、他人との和を保ち難く、
自分が表に立つと人間関係の苦労があるでしょう。
感受性は一点に集中するので、特殊な才能や技能を備えることができます。
ただ、思い込みの激しさか神経がくたびれやすいところはありますね。


私には調舒星がありますが、自分の感性や思考を何よりも優先する性分に
苦脳や葛藤がありますね。それだけは譲れない。。。みたいな。
それが、芸術性や感性の鋭さになります。
調舒星をもつ人は、自分との闘いをいつもしている という感じです。
でも、私の好きな星でもあります(笑)

かなり更新が滞っています。日が過ぎるのがあまりにも速すぎて驚くばかり。
「このまえ「龍馬伝」見たばっかりやのに、また?」
みたいな速さですね(笑)

毎日見に来てくださる皆さん、ありがとうございます。
またぼちぼち更新していきますね。
posted by: | 十大主星 | 06:36 | comments(0) | - | - | - |
日干の違いによる星の性質【鳳閣星】
【鳳閣星】

○日干が甲木の場合(丙の器)
自然の中で楽しみを見出すので、
健康的でアウトドアレジャーを好むような遊びが好きですね。
小さいことにクヨクヨせずに、明るく楽しく今を生きていける人です。

○日干が乙木の場合(丁の器)
みんなと一緒にというよりは、絵画や文芸など一人で楽しむ世界を好みます。
特別で個性的な世界に入るので、孤独なムードの中で、
1つのことに凝るような生き方となります。

○日干が丙火の場合(戊の器)
自分から積極的に参加することはなく、行動範囲あまり大きくはなりません。
仕事でも趣味でも、また生活の場の中でもゆとりを持って楽しんで
いける人です。ただ嫌いなことを忍耐強くするのは苦手ですね。

○日干が丁火の場合(己の器)
時代や環境によって趣味や娯楽も変わり、
広く浅く様々なことを楽しむ人です。
流行を求めるタイプで、ちょっとムードに乗りやすいところがありますね。
日々の生活の中では、何事に大しても楽しくゆとりを接していけます。

○日干が戊土の場合(庚の器)
武術やスポーツなど激しさや厳しさの伴う遊びや趣味を好みます。
自分と対象物との戦いの中に喜びを見出すので、集団の中よりは、
単独行動が多くなります。

○日干が己土の場合(辛の器)
庶民とは一線を画した品性や格式のある楽しみに興味を持ちます。
特別意識に支えられた世界を好むので、範囲は狭く、限られた交際範囲
の中で楽しみを見出す人となります。

○日干が庚金の場合(壬の器)
動くことに特色があり、旅行などに行っても目的地よりもプロセスを楽しむ
ような形になります。
静かな趣味や遊びではなく、自由に動き回り、体験するなど
行動的な行為を好み、その体験からおおらかな心を形成していきます。

○日干が辛金の場合(癸の器)
趣味や娯楽の中に知的な要素があり、地味でひっそりとした目立つことのない
読書や芸術鑑賞のようなものを好みます。
行動範囲はそんなに広くないのですが、ひとつの趣味を長い時間かけて、
じっくりゆっくりと継続して取り組んでいくタイプです。
その中に持ち味があるのですね。

○日干が壬水の場合(甲の器)
自己の楽しみがある一定の範囲になり、どちらかというと中途半端はできず
徹底的にやるタイプですね。
素直で明るい性質がストレートに発揮される人で、
個の中で楽しみを見出すでしょう。

○日干が癸水の場合(乙の器)
人付き合いが上手く、仲間をひきつれて趣味・娯楽を楽しむ人です。
多方面にわたって幅広く、1つが終わったら次へと柔軟に変化するタイプです。
posted by: | 十大主星 | 07:22 | comments(0) | - | - | - |
日干の違いによる星の性質【石門星】
【石門星】

○日干が甲木の場合(乙の器)
環境に逆らわず、気持ちを計りながらの柔らかな和合協調となります。
自己主張が表に出ないので、周りからは本心が見えず、
理解されない面もあります。
先頭に立つリーダーシップではないですが、視野は広く、
人脈の広がりは大きいです。

○日干が乙木の場合(甲の器)
自分の意思によって仲間を作っていきます。
その中において、先導的な役割を果たすようになるでしょう。
真っ直ぐな仲間意識のため、他と衝突しやすい傾向があります。
縦関係はあまり上手くありませんね。

○日干が丙火の場合(丁の器)
狭い範囲や少人数の仲間を大切にしながらの和合協調となります。
大きな集団には向かず、孤立しやすい傾向があります。
平和というよりは、波乱を含みながらの和合となり、
新しい世界を作っていくような形になるでしょう。

○日干が丁火の場合(丙の器)
明るく暖かい人柄で、縦・横社会どちらにおいても人の輪を広げていきます。
視野は広く、組織に明るさをもたらす役割があります。
宗教や政治などの世界で、その持ち味は発揮されるでしょう。

○日干が戊土の場合(己の器)
庶民的で同格的な人たちとの和合となります。
対等意識が強く、日常性のある親しみやすい仲間づくりとなるでしょう。
逆に、上下関係のある人との仲間づくりは難しいかもしれません。

○日干が己土の場合(戊の器)
自らが動いていくのではなく、受身の仲間づくりとなります。
来るものは拒まず、いつのまにか人が自分を中心に集まってくる形になり、
その中で持ち味を発揮する人です。
年をとるごとに人が集まり、信用も高まりますね。

○日干が庚金の場合(辛の器)
限られた特殊な集団や、一定の範囲内での仲間作りになります。
特別意識やプライドを持った和合になるので、
庶民レベルとは違ったスペシャルな分野で発揮される持ち味となるでしょう。

○日干が辛金の場合(庚の器)
自己主張の強い人が集まる和合になります。
積極的で全体的に攻撃力が強い傾向にあり、
周りへの影響力は大きいでしょう。
ただ個性の強い集団になるので、
どちらかというと安定性に欠けるかもしれません。

○日干が壬水の場合(癸の器)
静かで目立たず分りにくい社交性を持ちます。
明るくにぎやかな雰囲気はありませんが、地道にゆっくりと
確実に和合していきます。
人との付き合いに時間をかけるので、若い頃よりは人生の後半に
安定した和合となっていきます。

○日干が癸水の場合(壬の器)
自分から、どのような分野、どのような相手に対しても
和合協調をだしていきます。
けれどあくまでも広く浅いもので、
表面的に上手くあわせていく自在性をもっています。
内面的には、好き嫌いが激しく、
自分の気質にあったものを選別していくでしょう。


posted by: | 十大主星 | 09:44 | comments(0) | - | - | - |