Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
相性〜その3
算命学には、たくさんの占技があるのですが、
その中にその人の行動領域を見るものがあります。

日干支、月干支、月干支の3つの番号を使って、
図を描くのですが、宇宙盤ともよばれます。
その人の宇宙の場所とでもいうんでしょうか。

たとえば、10、35、48という命式を持つAさんは、

ban1

のようになりますね。

同じように、3、33、38という命式を持つBさんは、

ban2

のようになります。

AさんとBさんとでは、三角形の広さが違いますが、
三角形が狭い人ほど、限られた分野で行動するのがいいのです。

人によっては、一本の線になる人もあります。
そういう人は、専門分野の方が向いているんですね。

三角形がどの領域にあるかで、その人の行動の傾向を
みるのですが、その詳しい説明は後日として、

この二人の宇宙盤を重ねてみると、

ban3

このようになります。

重なる面積が多いほど、関係は濃くなります。
ただ、重なる部分が多いから良いとばかりはいえないんですね。

つまり、密度の濃い関係を続けられば、二人にとって良いですが、
たとえば片方が一緒に居る時間が少ないなどというような、
現実とのギャップがあれば、片方に不満がでるということになります。

全くばらばらの三角形同士だと、好きな事をして、
あまりベタベタ干渉しない関係が良いとなりますが、
結婚というような同じ場所で一緒に居る場合は、
やはり重なる部分があるほうが良いでしょう。

以前、ほとんどぴったり重なるお二人を鑑定させて頂いた事があります。
天中殺も同じでした。
運命的な出逢いという印象でしたが、だからといって
結婚生活がなんの問題もなく行くという保証は無いんですね(笑)


posted by: | | 07:08 | comments(0) | - | - | - |