Profile
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
適職と天職〜その5
ここまで東方星のイメージから、自分の才能を活かせる世界をみてきました。
この東方は横線、つまり現実領域の星なんですね。
いいかえれば、実際に行動として表われる星です。

そして、「天職」を精神が望んでいる仕事と考えるとすれば、
それを読み取れるのは南方星ですね。

南方という位置は、子供や部下・年下との関係を表すのですが、
同時に、自分の夢や未来、心の糧を表わします。
つまり、常にそれに向かっているという、意識の目指す もので、
「精神の未来」とも言えるのです。

ですから、たとえば南方星が「禄存」であれば、
だれかの為に何かをする、したいという奉仕精神が自分を駆り立て、
またそれをすることで、心が満たされるんですね。

「鳳閣」なら、自由に生きる、今を楽しむという性質ですから、
何をするにしても、自然体でいようとします。

そこで、大切になってくるのは、その二つの星の関係です。

東方星と、南方星が同じであれば、あまり問題はありません。
精神が求めるものと、現実で活かされる世界が一致しているのですから、
本人がそれを求めて行動すれば、比較的無理なく得られるはずです。

ただ、そうでない場合はどうなるのか?ですよね。

それは、その人の考え方生き方によって変わってきます。

「適職」で生活するという部分を担い、「天職」となるものを探していく生き方、
また、「天職」をひたすら追い求める生き方もありでしょう。
また、その二つをうまく活かせるような仕事を探すという道もあるのですね。

現実(東方星)を優先するのか、精神(南方星)を優先するのかは、
2つの星の相剋関係によっても傾向はみえるでしょう。
けれど、最終的に、どんな生き方を選択し、どのように行動するかは、
自分が決めるしかないんですね。

その課程で、何を武器にし、どんな智恵をつかって自分を活かす のか、
そのヒントは星が示してくれます。

また、東方星が示す世界、南方星が持つイメージを知っていれば、
どのような仕事にでも、自分を活かし満たされる面はありますし、
よりその部分を充実させていくことは、可能ではないでしょうか。

「今の仕事が自分に向いているんでしょうか?」
「自分が何をしたいのかがわかりません」

そんな迷いを持っておられる方がいるなら、
東方星と南方星を眺めて、その世界をイメージしてみてくださいね。

自分を活かし、心豊かに生きるヒントは、
全て あなたの中 にあります。

posted by: | | 12:28 | comments(0) | - | - | - |