Profile
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
親子の関係を観る方法として
親子の関係を観る時には、それぞれの相性判断と同時に、
その人の命式図の中にある、親や子の位置や関係など、
複合的に見ていきます。

たとえば簡単に母との関係を測るものとして、
玉堂星・龍高星の有無と位置をみますが、
陰占に母の干がある場合もあって、
陽占図のみで判断することはできません。

ただ、陽占図の北方と南方は精神の流れを表す場所なので、
そこに、玉堂星・龍高星が表出する方は、
母親の影響は少なくないと言えるでしょう。

そして、父親との関係ともなれば、
母親の干から父干を見つけていくので、
母干によっては、父親の星は変わってきます。

たとえば、日干支甲の場合、
自分を生じるものは癸(水生木で陰陽をとる)となり、
甲と癸からは、玉堂星が表出されます。

これが、自然な入力となり、
玉堂星が母親の星、正統な学習能力と言われるのです。

そして、父は癸の干合干である戊となり、
父親星は、甲と戊から表出される禄存星となります。

五行論では木性が基本となっていますから、
禄存星が父親の星と言われるのは、それ所以です。

けれど、もし母の正干の癸がなければ、陰陽干の壬をとり、
この場合は、龍高星が表出されるのですね。
つまり、甲と壬という、陽干どうしのぶつかり合いもあって、
ストレートではない入力、なぜ・どうしてから始まる学習能力
となるのです。

そして、母干が陰陽干壬となると、
父干も丙か丁となり、表出される星も変わってきます。

あるいは、母親の干がない場合、父親の干がない場合もあり、
陽占図のみで、詳細に家族関係を見ていくのは
無理があるということになります。

とはいえ、陽占図から読み取れる関係も加味しながら、
親と子のそれぞれの構造の違いを位相法や天中殺グループを中心に、
考えてみたいと思います。

また、前述のように陰占図で気の流れを観る技法(六親法)
については、かなり専門的ですので、後述とします。

加えて、ここで算命学を通してお伝えすることは、
虐待やネグレクトなど、個別判断を必要とするものや、
精神的・病気的な問題を含んでいるものについては、
参考にはならないことがあるということをお断りしておきますね。

また、どこまでを毒親と判断するかは、そのライン引きも難しく、
少なくとも、母との関係において、
その呪縛や違和感に悩みをもっておられる方に、
心の有り様の参考になればと思います。

************

またまた、まえがきが長くなりました(汗)
1ヶ月ぶりの書き込みだというのに。。。
次回からは必ず本題に。できるだけお待たせしないように(苦笑)

話は変わりますが、昨晩の羽生クンの演技、すごかったですね。
でも、個人的にいえば、棄権するという選択をして欲しかったかな。。。
同時に、今回のことが、美談とか選手の鑑のように報じられることは、
違和感があります。

結弦クンの日干支は、丁卯。
春の野焼きといって、座下に燃料(乙)があるので、
ずっと燃え続ける炎です。

天胡星の頑張り屋さんで、日年の支合があるので、
なんとしてもやり遂げたいという強い思いがあって、
車騎星の負けず嫌いと使命感が拍車をかけるのでしょう。

東は大きく盛り上がる流れですが、結果は破。
良い悪いではなく、なにか殻を破る時でもあり、
天中殺月の今回のアクシデントは、何かのお知らせと受け止め、
くれぐれも無理はしないでほしいですね。

しかし、頭にテーピングをしても絵になる人って、
さすがに、人惹きつける炎ですね。
大事に至らないことを祈って。
posted by: powerful-mako | つれづれ | 14:16 | comments(0) | - | - | - |