Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
適職について
前のブログに、適職や生きる道を知りたい
とのコメントがありました。

以前にも、適職は東の星、天職は南の星を見る
と書いたかと思います。

ただ、東の星が車騎星だからスポーツマン、
玉堂星だから先生 というような簡単なことではない
と何度もお伝えしました。

たとえば、東方が車騎星であれば、

負けん気が強い、闘争心が旺盛、一本義で正直、
何事も白黒つけないといられない、
損得抜きで自己犠牲的な行動をする、

というような特性を活かせる環境(職場)が
その力を自然に発揮できるということです。

龍高星であれば、
知的好奇心が満たされるものや、改良・改革で勝負できる世界、
動きのある束縛されない環境 ですね。

いいかえれば、そういう方向性の仕事であれば、
無理なく経済力へと繋げることもできるでしょう。

ただ、それが、精神的満足とつながるかといえば、
イコールではありません。

なぜなら、夢や希望、生きがいなど、
精神の基本・価値観となるものは、南の星だからです。

つまり、東の星と南の星が一致、
あるいはその両方を満たすような環境にあれば良いですが、
そこに大きな違いやズレがあれば、
葛藤や迷いとなることもあるでしょう。

ただ、それもどのあたりで折り合いをつけていくかは
本人の気持ちや環境のあり方によるでしょうし、
適職と天職と完全に分離して考えるのではなく、
それらがより満たされるような環境に身を置くことが
何よりですね。

たとえば私は、
東が小集団においてコツコツ積み重ねていく司禄星で、
データ収集や準備・計画することは得意です。

その上、お節介大好きの禄存星主星ですから、
人と接したりサポートする仕事は向いているといえますし、
実際今の仕事はそういう分野です。

そして南の星はといえば、感受性強い調舒星。
自分の感覚にこだわる表現者の星ですから、
「自分のやり方」「自己納得」が大切です。

実際、私はルーチンワークなどはこなすことは可能ですが、
それだけではやはり満たされない気持ちを持ちます。

特に、マニュアル以外許されないところは、
たぶん無理です。。というか無理でした(苦笑)

逆に、そこに少しでも、自分の工夫次第で、
「自分のやり方」「表現の仕方」が出来るのであれば、
その中に楽しさや満足感を得ることは可能でしょう。

「私の適職は何ですか」と良く聞かれますが、
すでに、自分の中にその選択肢はいくつかあるのだと思うのです。
はっきりとした職業として絞れていなくても、
どういう方向性のある分野・世界かということにおいて。

星からその答えを見出すのではなく、
何が好きで、何が苦手か、
子供の頃何になりたかったのか、
これだけは譲れないことは何か、としっかりと自分に問いかけ、
そこから、自分の特性・活かせる能力を発揮できる環境を、
選ぶことが良いのではないでしょうか。

人は宿命から大きく外れた生き方はできません。
無意識のうちに、その役目を果たすようにできています。
星から自分をみるのではなく、
自分を通して、どうやって星を活かすかを考えてみてくださいね。

そして、何かうまくいかない、気持ちがついていけないという時は、
環境を変えてみる、見方・視点を変えてみましょう。

全ての答えは自分の中にあります。
そして、算命学はその手助けをするツールでしかありません。

また、何を選択するかは自分が決めることです。
そして、その答えはきっとあなたにとって正しいと私は思います。

今日は少し暑い日になりそうです。
良い1日を。
posted by: powerful-mako | つれづれ | 09:12 | comments(1) | - | - | - |
なにかとても勇気と励ましをいただきました。本当にありがとうございます。
| よっちゃん | 2014/09/08 2:51 PM |