Profile
Calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
New Entries
命式の算出

 生年月日を
 半角数字で入力して下さい
 (一桁の数字は”06”とせずに
 ”6”と入力してください)




Category
Recommend
Recent Comment
Archives
Links
Search
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
お知らせをしっかりと受け止めて

藤井聡太さんを観る!と宣言しておきながら、

気がつくとすでに2カ月以上経っている!!(驚)

落ち着いたら書こう書こうと思っているうちに、もう5月に突入してしまい、

このところの時間の経つ速さには、驚くばかりです。

 

GWは、心身ともにゆる〜くリラックスできていて、

ここのところの山口達也さんのニュースを見ながら、

もしも、山口さんが鑑定に来ていたとして、この事件は防げていたのか、と考えています。

 

山口達也

 

日干支庚子は自然にたとえると冬の庚石です。

デリケートな感性をもつ芸術的才能のある人で、

天干がすべて金性の一気格ですから、攻撃精神強く裏表のない方です。

日月支合ですから、思ったことをなんとしても成し遂げたいという仕掛けがあり、

その上思い込んだら外れない天庫星がありますから、自説にこだわる方でしょう。

 

また、尅気がない構造で、嫌なことはできず、

こだわり強い調舒星が二つですから、人の言うことは聞きません。

 

それでいて、神経質で心配性、取り越し苦労も多く精神的な不安定を抱えているので、

不安定な自分の感情が流れ込む場所や相手が必要です。

精神はすべて兄弟・仲間ですから、TOKIOは彼にとって大事な居場所でしょう。

 

そして、刀(庚金)は火入れしてこそその役目を果たすのですが、

宿命には火性(丙・丁)が無く、31歳から大運で回ってきていました。

けれど、41歳からは、その火も干合作用により水性と変わり、水浸しの刀状態でした。

 

離婚によって、寂しさが強くなり、それを埋めるためにお酒へと向かったのでしょうか。

大切な仲間がいたにもかかわらず、その孤独を埋めることはできなかったのでしょうか。

人のために感受性豊かなその才能を使い、

奉仕・愛情の禄存星を活かすべきはずが、否 これまで活かしてきたはずなのに、

このような結果となり残念でなりません。

 

たしかに、運勢の流れにおいて、

幼少から続いていた才能を活かす強運期(変尅律)が終わり、

41歳からの仕事運害という思い通りにいかない流れでしたが、

今回の事件がその影響を受けたということではなく、本人の問題に他なりませんね。

 

これまでに何度もお知らせがあったはずなのに、

それにしっかりと向き合い改めなかったから、神様はリセットボタンを押したのでしょう。

 

涙の会見をした他のメンバーのうち二人が天中殺にはいったところ。

松岡さん:天中殺(自我中殺)に加えて因縁解脱の納音年

長瀬さん:天中殺(名誉中殺)

 

20年以上もの間、一生懸命に真摯に走り続けてきたのに、ここに来てのこの現実。

どうして・なぜと憤りも強いでしょうが、

他の皆さんには、全てを糧にして、頑張ってほしいと願うばかりです。

 

****************************

 

今年の私の運勢は、宿命半会プラス年運半会2つで、盛り上がりすぎ注意の年。

仕事が加速的に忙しいせいもあり、常に気持ちが急いている感覚があります。

そのため、大事には至らないまでもヒヤリとする出来事もいくつかあって、

これは「焦らないでゆっくり進め」というお知らせだと感謝し受け止めているこの頃。

 

占いが何もかも救うとは思っていませんが、

生きる指針として、より良く生きるためのツールとして活用していければと。

ただ、それをいかに使うか、活かすかは本人次第です。

 

posted by: powerful-mako | 鑑定 | 23:07 | comments(0) | - | - | - |
穏やかさの中の男気
毎日欠かさず見ている「花子とアン」。
その中でも、私の一番のお気に入りは、花子の夫英治さんです。
物静かで冷静でいて、内面は熱く男気があって、
温かく包み込んでくれるような懐の広さは抜群!
今私の中では、夫にしたいタイプのナンバー2ですね。

ちなみにナンバー1はぐっさんです。
タイプ全然ちがいますけど(爆)

いま人気急上昇の英治役の鈴木亮平さんを観てみました。

鈴木亮平(命式図まちがっていて、訂正しました)


鈴木さんの日干支丙辰は春の太陽です。
好きなように生きる春風のような心を持っていて、
太陽のように人を暖かく照らすような人間性と、
邪気のない子供のような純粋さを備えています。

ただ、天南星という、若者のパワーなので、
お世辞を言ったり迎合したりすることは苦手で、
正義感が強く、自分の正しさがあるゆえに妥協できず、
若い時は、苦労も多いでしょう。

ただ、冷静にバランスをとる方ですから、
自分の領分やペースは守り、無理のない生き方を心がけます。

鈴木さんは、自分を叩く尅気が4割、
入力・学習能力の気が5割で、
自分から出力する気は少ない構造。

自分に与えられた役目を果たすために頑張る方で、
自我薄ですから、何かを表現したいというよりは、
求められる役をやりきることで燃焼されているのでしょう。

また、英語が堪能で、世界遺産検定1級をお持ちということですが、
学習能力は高い方かと思います。

宿命では母に囲まれているので、母との縁は強く、
家庭害で配偶者干がないので、
家庭のまとまりにはこだわらない方でしょう。

「変態仮面」や「ガッチャマン」では、
15キロ太って絞る筋トレを何度もして、身体を作ったということですが、
日年半会で決めたことは必ず行動に移し、
車騎星・牽牛星の「おれがやらねば誰がやる」的な、
正義のヒーロー役は、ピッタリですね。

ただ、花子の夫英治さんと、変態仮面とのギャップが凄く、
ますます興味がそそられます。
少年ジャンプの連載時には、私も愛読していたのですが、
あの役を引き受ける覚悟はすごいな と(爆)

本人曰く、「役者をなめんなよ」という気持ちで、
とことん楽しんでやりきったそうで、
あの穏やかで優しい笑顔の下に、闘争心が見え隠れします。

デビューされた2006年は、因縁解脱の納音年。
現在は大運天中殺の強運期にあって、
まだまだこれから活躍される流れです。

無から有を生み出すような想像力を持ち、
世のため人のために尽くすことによって幸運があける丙辰ですから、
「俺がやってやる」的な前進力で、
これからも、様々な役で楽しませていただきたいですね。

***************

とても長い間更新できずでした。
体調のバランスを崩したのか、
朝起きた時からぐったりと疲れていたここ一ヶ月。

夜になると眠気が半端なく、
仕事以外何かをする気も起こりませんでした。

さすがにこれは問題ありと思い、
鍼灸院にいったところ、副交感神経が大きく乱れているとのこと。
これを期に徹底的に体のケアをしようと思っています。

ブログはようやく書く気になり(苦笑)
書きたいこともあるので、
もうすこしペースを上げて更新します。

しかし今年の夏は異常気象で、想定外のことばかりですね。
災害に遭われた皆様には、お見舞い申し上げます。

暑い夏は続きます。皆様お体ご自愛を。
posted by: powerful-mako | 鑑定 | 09:51 | comments(0) | - | - | - |
人とは違う花を咲かせ続けて
何度も予告していながらようやく取り上げます。
シーズン2も終わってしまいましたが。。。(苦笑)

ドラマ「MOZU」では、その圧倒的な存在感を示した、
池松壮亮さんを観てみました。

池松壮亮


日干支は異常干支といわれる日座中殺の乙亥。
特殊な才能を持ち、ひとつのことを長い時間かけて追求していけば、
やがて一芸に秀でるといわれます。

その上、天干干合があるので、
日干支は感受性鋭い辛亥へと変わる変化体質をお持ちです。

また、年干支と月干支は、
連唐干支という異質な思考をもつ仕掛けがあって、
非凡な構造がてんこ盛りです(笑)

座下の支えが兄弟と母で、一番気になる月干支には偏母。
自分の周りを家族がぐるりと囲んでいるので、
家族との関わりは濃いでしょう。

妻は年干の精神干のみなので、シンボリックな存在ですし、
まとめ中殺の日座ですから、
平凡で普通の家庭を持たない方が自然かと思います。

お姉さんが劇団四季の女優で、その影響もあって、
10歳から舞台デビュー。
少年時代から、ドラマや映画に数多く出演されています。

俳優活動とスポーツも両立され、
高水準の高校を卒業後、日本大学芸術学部へと進学。
まさしく才能豊かな方ですね。

独自のプライドがあって、
人とは違うこと・自分らしさにこだわりを持ち、
常に改革・変化を求めていく構造。

自分の気持ちに反することはできない仕掛けですが、
バランスをとることを無意識にするために、
内面葛藤は強い方でしょう。

運勢は、初旬大運天中殺があって、すでに陽転していると考えられ、
3旬からは、才能天賦の変尅律ですから、
5〜60歳あたりまでは強運期が続き活躍されることでしょう。

ツイッターのつぶやきを読みましたが、
独特の視点と感覚的な文章で、
まとまりのないところもあったり、とにかく個性的です。
そして私は、こういう異質性が好きです(爆)

何より、「MOZU」の新谷宏美が凄すぎて、
最終回あたりの狂気に満ちた演技は、
まさに干合変化した別の人格を見るようで、ぞくぞくしました。

潜在能力は高く、さらに磨きをかけられ成長されるでしょうから、
これからもいい意味で期待を裏切ったり、
ドキドキさせてほしいものです。

*******************

結局シーズン2を観たいと言ってるうちに終了(爆)
それでも、2回ほど見る機会があって、
今度は、東役の長谷川博巳さんの悪役っぷりには痺れました。

機会があれば、取り上げて観ますね。
posted by: powerful-mako | 鑑定 | 18:40 | comments(0) | - | - | - |